神戸市中央区 みなと元町内科クリニック
TEL078-371-8026
電話受付時間(月~金) 9:30~11:30
(月火木金)14:00~16:30
(水)13:00~16:30
あなたが今飲んでいる生活習慣病の薬は
必要ないかもしれません。
気になる方は専門家がいる当院まで
ご相談ください。
ストレス専門Dr. 笠木のブログ
親の教育が子供の人格に与える影響 ② (禁止令・EQ)
2022/12/17

3)「堅物」の人間になる

「あなたはお姉ちゃんなんだから、しっかりしなさい」「もうお兄ちゃんなんだから、泣かないの!」などと言い聞かされた、下に弟や妹がいる、長男、長女がつくりやすい禁止令です。この禁止令を持つ人は、早い段階で自立を促され、子どものころにのびのび自由に過ごせなかったため、いわゆる「堅物」になりやすい傾向があります。合コンやバーベキューなどでせっせと料理を取り分けたり、お酒がなくなりそうになったら注文したり、みんなの世話をして自分はまったく楽しんでいない人も、この禁止令に縛られての行動かもしれません。「自分がやらねば!」という責任感が強い余り、それが自分を優先する足かせになることもあるます。「他人の役にたて(他人を喜ばせよ)」のドライバーと関連します。

 

4)子供っぽい人間になる

 (3)と逆で、「全部お母さんがやってあげるわよ」と過保護に育てられたり、末っ子で甘やかされて育ったりした人が持ちやすい禁止令です。この禁止令があると、「子どものままでいるために、何もできないほうがいい」と考えるようになります。親は末っ子が自立して家庭から巣立っていくと、親としての役割を果たすことができません。その為、いつまでも子供に対して子供の自我状態でいてほしいと願うことがよくあります。「マザコン」も、これに当てはまります。近頃は親が子どもの代わりに婚活し、親同士がお見合いもして結婚相手を決めてあげるというケースもあるらしいですね。これでは、大人になっても「成長するな」の禁止令から抜け出せない人が増えるのも、当然かもしれません。

こんな例は「成長するな」に縛られている大人かもしれません。

1)「幼稚園児の半分は入園時に一人でトイレにいけません。親は先生におまかせと考えていて最低限の躾も放棄しています。また、経済的に困っているわけでもないのに、「給食費や教材費を払いません。」という親も、成長するなに縛られているかもしれません。
2)子供を頻繁に預けて1人旅行にいってしまう親

3)親に仕送りせずに、そのお金で自由に楽しいことに使ってしまう親

4)妻に相談せずに姑に相談する夫、親離れできていない夫に子離れできていない姑